« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

83日目 サンタ 結局最後まで

今日は色々と用事が目白押しで,中でも一番が町内会の総会。その後に行われる懇親会はアルコールが入るからスキーは全くする予定なし。

そこで,その旨娘に確認したら「やっぱり滑りたい…」だそうで,最近のサンタの状況がヒドいだけに流すかと思ったら,それでも滑りたいとか。それに乗る自分もそうだが病気だな。

娘との約束通り懇親会では一滴も飲まず…としていたら,娘の肌の色がおかしい。良くみるとアトピーが出てきている。しばらく落ち着いていたのに,休みの日に滑らないだけで?と驚いたが,女性部の方に他の場所の確認をお願いしたところ,見えない場所には出てきていないようだ。

目の前のオードブル等にもすっかり興味が失せた様子だったので,とりあえず帰宅して様子を見ようと早めに会場を後にした。家まで歩いて15分ほど。驚いた事に帰宅したらアトピー肌が白くなってる…。更に少し様子を見て,予定通りサンタへ行こうと決定。

サンタに着いたのは18時半頃。見知った車が駐車場に無かった…というか車自体の数が少なかったので,自分たち位かなぁと思いながらロッジに入ると,娘のスキー仲間の親御さんとご挨拶。やっぱりラストだからと来てみたらしい。

一本目のリフトで娘はそのグループを発見し合流。自分はそのまま一人で。面白かったのが,今日はガリガリでは無くナイターなのにシャーベット状だった事で,日が落ちて水気が減っているからか,最近では一番滑りやすかった事。確かに悪雪なのだけれどスキーが滑るのでコントロールしやすい。

時間帯によってはゲレンデ独り占めのような時もあって,シーズンオフは寂しいなと思いながらも,来季にワクワクな感じ…かな。

娘は友達の連絡先を聞いたようで,別れ際にお手紙を出すと明るくバイバイしていた。次に一緒に滑るのは,少なくとも8ヶ月は先なので気の長い話なのだが,そういうスパンの友達は大事だと思う。

と言うわけで,サンタのナイタースキー今季終了。

|

2015年3月28日 (土)

82日目 カムイ ラストに父娘で

81日目はサンタでナイター。

忙しくて書く暇が無かったけど夜はガリガリで昼間に荒れた斜面がそのまま凍っているから辛かったが,それが結構面白い。春休みに入ったからかポール練習している子がいなかったので,いつも使えないグリーンリフト右側を滑ってみたり,昨日も滑った左はじを滑ったり。明日からは忙しくて来られないのでナイターは多分最後。娘の希望で少し早めに上がった。明日部活動だとか。それにしても,今季はサンタのナイターにお世話になった。シーズン券のモトはしっかり取ったと思われるけど,シーズン券を持っていると,「行かなきゃ」と思ってしまう所がなんとも…。特に平日も行けるので,今季の滑走日数が増えたのはナイターシーズン券を格安で提供してくれているスキー場のおかげだ。

でもって今日。

明日は町内会の総会があって自分は役付になって色々あるので行けない。明日でスキー学校がクローズするので事実上今季最後の出動となる。今日は午前中フリーで娘と今季初めてカムイの色々な斜面を堪能した。娘のレッスンがあったり自分のレッスンお手伝いや検定の練習があったりと,同じゲレンデにいながらすれ違いで並んで滑ることは数えるほどしか無かった今季。

久しぶりに長時間娘と滑ってみたけれど,お互いそんなに気を使わずに楽しく滑れたのが良かった。娘も上手くなったけど,自分も上達したのか,これまで”突っ込みすぎ!”と思うようなシーンでも自分も行けるようになった。追い越されたテクニック,少しは追いついたかな?娘も,あまりストレスを感じなかったようだし。

午後からはスキー学校の先生方と一緒に。娘,大回りで”くの字”姿勢を意識しすぎて不自然と指摘される。”内倒”を意識するあまり”自然な内傾”が出ていない。でも,ちょっと教わったら直ぐに滑りが変わってきた。さすが。

途中からコブに入りだしたので,仕事のせいか腰の調子がイマイチな自分は娘に任せて見る側に…。本当は今日のような滑らない斜面は練習には良いのだけれど。娘は密脚が苦手。何度もスキーが重なって転倒しているからかもしれないが…。オフシーズンの課題。

これから年度変わりで忙しくなる。来季もこんな形で楽しく終われたらいいな〜

|

2015年3月25日 (水)

80日目 サンタ 虫…

今日もサンタのナイターへ。昨日は知り合いが結構いたのだけれど,今日は数人しか見えなかった。気温が昨日より高いのか滑りやすい雪質で,今の時期なら昼よりナイターかなと思う。

掲示板で今季は1回延長営業があるようで,やった!と思ったけど今季はカムイも4月1週は営業するんだった…。やっぱりカムイかなぁ。

昨日ブラッキーリフト側の端がポール練習したように彫れていたのだけれど,今日行ってみたら綺麗に均されていて,しかも全然シュプールがなくて,小回りの練習に丁度いい感じ。娘がナニを思ったのか直滑降でスピードに乗ってから小回りを始め楽しそうだったのが面白い。自分はあんなにスピード出せないって。

暖かくなったからか,蛾のような羽虫がチラホラ飛んでいたのが娘(゚◇゚)ガーン。危なく死骸をふんずけそうになったとも言っていた。

ダラダラと楽しく最後まで滑っていたけれど,いちいち講評するようになったのが今季の成果かな。娘に寄れば父も上手になったらしい。

金曜日は無理だから,明日が最後のナイターかな~

|

2015年3月24日 (火)

79日目 サンタ 怪我の功名?

今日は道内大荒れの天気と天気予報で言っているが,旭川は平常運転。ちょっと昼間に雪がチラついた程度。春スキーに残る雪はもう期待できないかな。

昨日は事件があって滑れなかったので,今日はリベンジ。着いてみるとカムイの先生方数名と遭遇。中にはロッジでお茶会なさっている方もいてビックリ。楽しそうだ〜

娘は昨日購入したゴーグルのチェック。偶然残っていた奴だけどヘルメットとの相性が絶妙で,額の隙間がほとんど無く,娘も風が入ってこないと喜んでいた。またメガネの上からも掛けられるフレームで視界が相当広くなった。紛失したのはレディースモデルで小さめでないと娘は鼻に隙間ができてしまっていたのだけれど,今回のは柔軟性が高く大きくてもフィットしているとのこと。

レンズに色が入っているのが,紛失したのと違っている所だけれど,視界が広くなったのはそれを補って余り有るメリットのよう。特にサンタから見える夜景が違うとの事で,リフトから後ろを盛んに振り返っていた。昔のテレビから地デジに変わった時のような違いなんだろうか?

バーンはガリガリだけれど,そんなに荒れていなくて許容範囲。娘(だけではないのだけれど)のアドバイスで重心を思い切り前に持って行って滑ってみる。前半からずらしてスピードコントロール。ちょっとエッジが立つとすぐ走って行くので,こういう練習には良いバーンだったかも。娘によれば,”Good”との事だ。そうかそうか。

冷蔵庫が空っぽで帰りに買い出しをするため,普段より早く上がったけど,そういう時間が勿体無い季節だな。

|

娘,ゴーグル紛失する

昨日,サンタのナイターへ行ったのだが現地で「ゴーグルがない…」と言う娘。一昨日のスーパージュニアでは競技終了後も時間があったため,友達と色々動いているうちに落としてしまったようだ。

ブーツも履いちゃってるので,とりあえず短いリフト一本だけ滑ろうとゲレンデへ。一本だけと言うのに入念にアップする娘。さすがに後ろめたさを感じているようだ。

下りた所で準指養成同期の方とバッタリ。折角だからもっと滑りたかったが,今なら残り物がスポーツショップにあるかもしれないので,予定通り切り上げてゼビオへ。

案の定,ちょうど商品を箱にしまっている所で一日遅かったら危なかった…。たまたま娘が気に入ったのが箱なし品だったので,いつもお世話になっている店員さんに交渉してゲット。

それにしても,この時期に無くすとは…。まだ春スキー期間が残っているから迷ったが,来季に購入するよりは負担が少なかったと思うので,これで良しとしよう。娘も今季はずっと愛用していたモノだったので,かなり反省したようだ。

という訳で昨日のサンタはノーカウント。

|

2015年3月22日 (日)

78日目 カムイ スーパージュニア

今日は今季のスキー集大成となる娘のホームグラウンドで行われている『スーパージュニア選手権大会』へ昨年に続いて2度めの出場。

昨年は小学生女子の部だったのが,今年は中学生女子の部となる。この大会は採点方法も独特で,5審5採用。ただし5人の審判はそれぞれ評価する点が異なる。採点基準が明らかなのは保護者としては嬉しい所で,そういう目的だとプログラムにも明記されている。

ただし,中学生以上と小学生は観点が違い,よりシビアな判定が行われる。初出場の昨年は荒削りでも良かったかもしれないが,今年は厳しいだろうなと思いながら練習してきた。

リフトは朝7時半から動くのだけれど,学校から係を与えられているので打ち合わせに間に合わせるべく,6時45分にカムイ着。娘は行きの車でずっと寝ていた。緊張感がないと言うか…

自分は制限滑降の方でお仕事だったので,娘はその種目の時しか見ていないのだけれど,何やらダルそうに降りて行ったのが気がかり。

全ての競技が終わったのが1時半頃。コートの撤収を終えて学校に戻ったのが2時半頃でそれからお昼ごはん。久しぶりに自分で作った弁当が美味いと感じるくらい腹が空いていた…

肝心のリザルトは,やはりと言うか全然ダメ。特に自分も見た制限滑降がダメダメで小学生並のタイム。今回のような湿雪で制限されたターンをやったことが無いから,相当慎重に滑ったようだが,やりすぎは禁物だ。昨年のようなバーンだったら,もっとタイム差は無かったと思うのだが,仕方がない。他の種目も整地小回り以外は今ひとつ。

もっとも,今年の親の準指チャレンジを横で見てて自分の至らなさも痛感したようで,帰りの車中。もっと上手になりたいなぁとこぼしていた。今でも十分上手いと思うのだけれども。モチベーションが下がらないのは褒めてあげたい。

終わった後,何やらドサクサに紛れて,審判員だった井山デモのサインをビブにもらってゴキゲンだった。抽選会でも,愛用している板と同じメーカーのグッズが当たり,それも精神的に回復するキッカケとなったようで,運営には感謝したい。

これで今季のスキーについては,ほぼ終わり。明日からもスキー場は開いているけど雪が雪で楽しく滑るのは難しそうだし延長もなさげ。春スキーも雪が少ないから期待できなさそう。

父娘で来年に向けての目標ができたかな。

|

2015年3月21日 (土)

77日目 カムイ デモクリニック

明日のスーパジュニアに向け,午前中は会場の設営。昨日圧雪車で上げた荷物を必要各所に人力で分配。ネットを張るポールを立てたりネットを張ったり。自分は主に運搬役だったような…それにしても天気が良かったので暑かった。のと,スキー場から見て外界にガスがかかっていて,まるで雲海の上で作業しているような感じだったのが面白かった。

午後からは練習可能になり,横から見ていたけれどもザクザクの雪で不整地になっていて転倒する子も結構いた。もっとも,明日の大会はほとんど午前中に終わるので,ここまで雪が緩む事は無いと思うのだが。

スキー学校での練習もあったけれど,今回はスキー連盟のジュニアデモクリニックと言う,とっても上手な方に直接滑りを見てもらえる行事があったので,娘はそちらに参加。

友達でもできたかなぁと後から聞いたら,他の子は無口でリフトで話しかけても返ってこなくて困惑し,結局先生とばかりリフトに乗っていた…との事。ゴンドラ相席で見知らぬ人との会話が楽しい娘にとっては同年代のスキーヤーにも色々いるんだなぁと実感したようだ。親としては複雑だけれども,今の楽しみ方を変えずに行って欲しいところ。

明日はスキー学校に7時前には集合。自分も係が当たっているので,遅れずに行かねば…娘も最近夜ふかし気味なので早く寝かせないと。

|

2015年3月20日 (金)

76日目 カムイ 大会準備

今日は明日から始まるカムイでの”スーパージュニア選手権大会”の準備のため,午後からお休みを取ってカムイへ。娘も午前授業で早く帰っていたため一緒に。

昨日まで,色々とあってスキー日記が滞っていたので,簡単にメモ

73日目 3月17日(火) サンタ 一日休んで痛みも取れてきたのでテーピングをして1時間ほど滑る。雨が降ってきたので強制終了。ストックを強めに突くと痛いらしいが,滑りには全く影響は見られない。

74日目 3月18日(水) サンタ ジュニア強化レッスン最終日。日中とけた雪がガリガリになっていて滑りづらい。おかげでコブには行かず小回り中心の練習メニュー。相変わらず楽しげに滑っている。テーピングのせいか,腕を振ってしまう癖が多少抜けた?かも。自分は朝方に喘息の発作が出てお疲れモードで全然滑れない…

75日目 3月19日(木) サンタ 昨日の雪辱…ではないけど,自分が滑りたいからと娘を引き連れてサンタへ。スキー学校の面々や,今季お世話になった技術員の方を見かけたのでご挨拶。それぞれ練習していたようだけれども混ざらずに娘の滑りをビデオ撮影。親と同じく左ターンが苦手な癖がやや見えるが,ビデオを回していない時は普通。緊張?が滑りに出るのかな?

今日は主に大会で使う色々なグッズを上げる作業。ネットやらそれを立てるポールやら。大きな大会なので,リフトで持って上がれる量ではないため,スキー場のクローズを待って,圧雪車に乗せて上がる。

娘はそれまで滑れたらいいなと着いてきたのだが,残念な事に雨が降っていて結局全く滑ることが出来ず,怪我もしているので留守番だった。

圧雪車でいつも滑っているコースを滑るのは楽しい経験だったが,結構急な斜面なのを再確認。大会に出る子供達がんばれ!

|

2015年3月15日 (日)

72日目 カムイ クラウン&娘,怪我をする

今日はカムイでクラウンプライズテストが行われる。スキー学校は朝7時半集合。久々に早起きをして,お弁当を作って出発!

朝8時に臨時でゴンドラが稼働し,それに乗って山頂へ。クラウンではネットを張って規制するので,ネット張り。今日がレッスンの娘も一緒にお手伝い。普段から手伝っているからか慣れている娘。

9時の開会に合わせ,カメラ撮影係を担当していた自分は小回り不整地が行われるシルキーコースへ。選手の身内の方がギャラリーで場所取りしていて立ち話をしていたら選手が上がって来た。

カメラ係と言うことで,ジャッジのすぐ後ろからカメラを回す。特等席で見ている訳だけれど,明るい中でのモニタ越しなのが残念。前走で滑った方が二名とも準指の講習で一緒だったので上手だなぁと感心。

ジャッジ近くで見ていると,技術はもちろん,迫力というかスピードだけでは語れない要素があるのが良くわかり勉強になった。良い経験をさせてもらった。

午後からはフリーで練習。自分は切り替えが遅いのと重心が後ろになりやすいのを意識しながら滑る。もう切り替えていいの?と思うくらいのタイミングで丁度いいようだけれど,斜度が変わるとダメになったり。難しい。

1時間ぐらい経った頃,娘が引率の先生と一緒に降りてくるのが見え,そこで何やら始まったので自分も降りたら,コブで転んで肘を打ったとか。先生から引き継いで学校へ。

医療関係に従事する先生が付いてきてくれて,痛みの場所を特定。そのまま当番医へ…と思ったら,たまたまクラウンを見に来ていた中に知り合いのスポーツ医療関係者がいたと言うことで連絡をとってくれた。その方の見立てで肘の内側靭帯の軽い捻挫と言うことで,湿布をして様子を見る程度で大丈夫との事。

娘は痛いのを我慢して滑る性格なので,レッスン中断して降りてくるくらいだからよほど痛かったのだと思い心配だったが安心した。普段はそのままで運動をする時はテーピングして悪化しないようにとのアドバイス。

自分もセルフテーピングして運動していた事があったけれども,娘にすることになろうとは。帰宅してからドラッグストアで一式買い込んで一息ついたら眠くなって寝てしまい気づいたら日付が変わっていた。

と言うわけで,今は翌日,テーピングの感覚を覚えてもらうのに,朝から巻いて学校で一日過ごしてもらった。なかなか反響があったらしい。痛みは順調に引いているので,明日は少し緩めでも良いかな。

と言うわけで24時間遡ってUP。

|

2015年3月14日 (土)

71日目 カムイ 久々に楽しく

明日はカムイでクラウンプライズテストが行われる。今日は準備かな?と思いながらカムイへ。それに合わせて『B.C級検定員』の検定も行われると言うことで,そちらを受ける方もいて午前中はフリーになり,久しぶりにカムイを満喫した。

逆説的だけれど,多彩なコースレイアウトを誇るカムイではあるが,スキー学校が使っている斜面は限られていて,ゴンドラに乗ることも滅多に無いのが実情。途中で娘を捕まえて午前中だけで3回ゴンドラに乗ったが,これだけゴンドラを利用したのは今季は初めて。

午後からはレッスンが終わった先生方もいて人数が増え,練習となったが,これじゃ準指は無理だわなと実感する内容。結論としては,年齢的にも夏場もしっかり体を作っておく事が大事。

先日症状がでた左足小指は麻痺は出なくて安心したものの,ブーツを変えたからか膝が入る癖が再発したようで,娘も欲しい物があると言うことでブーツの熱成形をするのに帰宅途中にスポーツショップへ。右足の小指付近が当たっていたのは見事に無くなった。

ついでにインソールも交換。膝が入るのはこちらで対処した方が間違いなさげ。キーワードは土踏まずで,ブーツ標準のは土踏まずのアーチがあるようには見えるけど,形だけ。今回選んだのはしっかりサポートしてくれるもの。

この効果については実際に滑っていないので後日となるけれど,家で履きなおしてみた分には悪くはなっていないようだ。

明日はクラウンの設営のため,午前7時半集合。上手な方の滑りを見て,少しでも吸収できたらいいかな。

|

2015年3月12日 (木)

70日目 サンタ パウダー!

昨日は風が強くて雪も今ひとつだったけど,今日も続いて”悪天候”でテレビでは天候情報の枠が掛かっている状態。しかし,旭川は今季雪が少なかっただけに恵みの雪。

今日は娘の昨日の復習と言うことでナイターへ。ビデオ持参で行ったにも関わらず,一緒に滑っている友達を見つけた娘はそちらと合流。圧雪後にたくさん降ったと見え,サンタにしては珍しくパウダーゾーンがそこかしこ。

カムイではコース脇で良くやっていた,パウダーに横になるのを友達とやっているの見て,娘としては久々に楽しんでいるのかなと実感。準指の養成で技術員の方とリフトで同乗した時に,技術選のような世界ばかりがスキーじゃないから自由にさせてあげたら。とアドバイスを貰ったのを思い出した。

娘は小4までカムイで放し飼いで好きに滑らせていて,小5からカムイのスクールに入り今に至る。スクールに入って上手にはなったけれど,放し飼い時代のような楽しさがあるかと言うと微妙かも。

ちなみに,今日は自分もパウダーだったので,トップを上げ気味に滑っていたら,カムイの先生に見られていて”後傾!”と指摘された。そんな風に滑っていた意識はあるので無理はないのだが…。

パウダーだったからか,カムイの先生以外にも養成講習で一緒だった方ともお会いし,青いウェアの方から挨拶されたり(謎),職場の同僚ご家族とも会い,短い時間だったけれど久しぶりに楽しく滑った。もっとも,指導者資格的には楽しく滑るより,格好を気にするべきではあるようなのだが…次回からそうしよう。

気になったのが,左足小指の痺れが帰宅しても取れない事。今日は急いでいて腰サポータをしていないからヘルニア?かもしれない。以前は親指側が多かったのだけれど,小指側は初めてで,滑っていても左アウトエッジへの荷重感が薄くて変だった。

寝たら大体良くはなるのだけれど,要注意…かな。

|

2015年3月11日 (水)

69日目 サンタ ジュニア強化レッスン4

今日は残業で遅くなり,いつもなら30分以上前に着いてひと滑りする所が15分くらい遅刻。自分は仕事の身なりだったのだけれども,一応道具は積んで行った。

娘はすぐ合流できたようで安心したけれど,自分が滑るかどうか悩んだ。というのも天候があまり良くなくバーンも昨日雨が降っているので固そうだったから。しかし,滑りたい欲求には勝てず,ワイシャツにネクタイの上からウェアを羽織って出動。1時間くらい滑って終了。

ほどなく娘たちも終了。遠方から来ている子供達もいるため,時間に余裕をもって帰れるようにとの配慮。

今日は小回り中心のメニューだったようだが,娘たちの班は何度か見かけたけれども非常に楽しそう。修学旅行か何かの集団に見えそうだけど,やってる事は結構高度。

講師の方は以前,準指の養成講習で自分も教わった方。自分がダラダラ滑っていたのを視認されていたようで,娘を通じてアドバイスを頂いた。ぴっぷのM先生感謝!

|

2015年3月 8日 (日)

68日目 カムイ 久々の登校

今日は日曜日としては久しぶりにスキー学校へ。合格者の方の名札がアシスタントから教師の段に格上げされていて,来季は頑張ろうと思う。今日は認定指導員の発表もあり,こちらはハードル高くないので,アシスタントから教師に上がる方結構いそうな感じ。

学校で活動するためには,やっぱり資格があった方が良いわけで,来季に認定指導員も悪くないかな…とも思う。というのも今回の準指受験者の中に親子でチャレンジしている方がいて,親御さんの方は認定指導員として活動されていたので。娘が成人したら,親子でチャレンジするのも悪くない。

もっとも,娘は技術選にチャレンジしているうちに,かなり上手になってしまったので,今の状態でも実技は行けそうな感がある。理論とか頭を使う方は,まだまだ親が勝ってはいるが。

今日はスキー学校で今季最後の検定があり,多数の方がチャレンジしていた。カムイではコート閉鎖せず行うので,安全確保のため脇に着くなどのお手伝いメイン。

今季購入したFOLKL PLATINUM SW は言われる動きがしずらくて検定で使わなかったのだが,同じスキーを使っている教師の方から色々とご指導いただいた。板に合わせて乗り方を調整すれば違和感はなくなっていくようだ。具体的にはトップの荷重多めを意識する感じ。

来年は検定でも使ってあげたい。楽に滑れるのはとても気に入っているので。

娘はレッスンでずっとコブに入っていた。かなり深いコブも制覇したようで満足気。「お父さんもコブやんなよ〜」と腰に爆弾抱えている父に勧める娘。何かあったらご飯作ってくれる人がいなくなると知っての言葉?無邪気な年頃は過ぎただろうに。

午後3時の打ち合わせの後は,娘が相当疲れているので,その後の練習には参加せず帰宅。勿体無い気もするが,疲れている時は休まないと…。と言うことも学んだ事なので,無理しない無理しない。

|

2015年3月 7日 (土)

養成講習同期おつかれさん会!

検定から一週間。理論から数えると4ヶ月毎週会っていた仲間で,合格も不合格も関係なく集まって飲み会があった。

色々と都合で参加は7名だったけれど,スキーと言う共通の趣味と言うかライフワークを持つ仲間だからか,旧知の仲のような飲み会だったのが面白かった。この資格にトライすると決めた時点で,先輩教師から”同期”になるから。と言われていてイマ一つピンと来なかったけれど,分かった気がする。

年齢的には倍くらいの開きがある面子で,共通する話題もあれば,へーと言う話題もあり,時間があっと言う間に過ぎてしまった。

話題のうち大きなウェイトを占めたのが夏場のオフトレ。ジムに通う方もいれば,自らサークルを主催していた方もいて盛り上がった。今日来られなかった人にも声を掛けて,また集まりたいねと言う声もあって,今後に繋がるかな?と思うし,繋がって欲しいな。

今日で,今季の講習関連は終わったなと自分の中でも一区切りが着いたので,企画してくださった方には感謝感謝!

|

67日目 ぴっぷ 娘,初試乗会!

今日は毎度お世話になっているゼビオさんの試乗会がぴっぷスキー場であると言うことで,そちらへ。カムイで試乗会は良く見ていて,自分も昨年試乗したモデルで気に入ったのを購入したりしたので,娘も参加したいとずっと言っていた。

自分は週末で疲れがどっと出てきたのもあって,滑らず待機保護者モード。こういうのもたまには良いかも。

娘も結構疲れているようなので一日券ではなく5時間券にしたけど,何だかんだで10モデル以上乗ったとのこと。身長155cm程度なのでサイズ的には長いのばかりだったようだけれど,それなりに乗り味の違いが分かって,とっても楽しかったとの事。

自分は後半,暖かいのもあって車で昼寝していた。もう春?

ぴっぷの管理棟前で娘を見ていたら,準指の養成で一緒だった方や,講師の技術員の方といっぱいご挨拶。検定はダメだったけど,こういう人間関係ができたのは嬉しいな。

午後2時すぎてリフト券終わったので帰宅。こんな時間に帰路につくのも久しぶり。明日はカムイで娘のレッスン&検定のお手伝い。がんばろっと。

|

2015年3月 5日 (木)

66日目 キャンモア 初キャンモア!

準指の養成講習を受けてみて面白かったのが色々なスキー場を使った事で,その中に東神楽町のキャンモアスキービレッジがあった。自分は成人する前”キトウシスキー場”と呼ばれていた頃に家族で通っていた。現在の形になってからは,自分も講習で初めて滑った。

当然娘も滑ったことが無いわけで,「いーなー」と言われていたが,やっぱりシーズン券を持っているスキー場メインになってしまうわけで,今日までノビノビになっていた。

ナイターだったから,先日のぴっぷのようにガリガリかなぁと心配していたけれども,バーンは結構キレイで適度な斜度と変化があって距離もそこそこあるので,娘はとても楽しく滑っていた。自分も久しぶりにゆったり”流して”滑る楽しみを味わった。

着いて初めて知ったのだが,3月8日で今季営業終了との事。斜面が南向きだから日が長くなると,みるみる融けるからかもしれないけれど,なんだか勿体無い。明日から先は来られないので,今日決断して良かった…

サプライズがあった。昨日の強化レッスンで一緒の班の女の子が2人滑っていてビックリ。別のグループと一緒だったので,一緒には滑らなかったけど,一休みした時にお母さん達とご挨拶。こんな所で会うなんてビックリ!と面白い偶然もあるものだ。

リフトの乗車時間と滑走時間を計算して,最後はラスト1分で滑り込む。カムイで滑っている時から,こういうのは父娘で得意。リフトの上で蛍の光を聴いて終了。

娘がキャンモアを滑って最初の感想が「ファミリースキーみたい!」と言うことだった。Wiiのゲームソフトでスキーマニアなら必携だと思うゲームなのだけれど,雰囲気が確かに良く似ている。音楽もユーロビート系のが掛かっていてテンション上がるとの事。

検定が不合格で何か引きずる感じがあったけれど,やっぱ滑るのって楽しいなと初めてのスキー場ではしゃぐ娘を見てしみじみ思った。帰りの車中でも娘「一生滑りたい!」とか言っていたので,そう言わせる魅力があったのだと思う。

さて,次回のキャンモアは来季確定な訳だけど,いつ行けるかな〜

|

2015年3月 4日 (水)

65日目 サンタ ジュニア強化レッスン3回目

自分の検定も終わり,スキーの今季イベントの最後は娘のスーパージュニア大会。昨年初参加して,今年は2回目。本人も結構気合いが入っている。

それに向けての強化レッスン。旭川スキー連盟の技術員が講師なので,準指導員の養成講習でお世話になった方ばかり。結果は残念だったけど来年もがんばってと励ましの言葉を頂戴した。

娘のレッスンは今回大回りが中心。娘の苦手種目。普段から見ていても外向が強いのが,今日は抑えた滑りをしていたので確認してみたら,やっぱり外向過多を指摘されて、おへそが外スキーのトップを向くくらいでいいよと言われたそうだ。

自分はラインコブが何故か養成講習を受けるうちに全然滑れなくなってしまったので,そこを練習。色々教わって考えながら滑っているのが悪影響のようで,講習はさっぱり忘れて滑りたいように滑ってみる。やっぱり腰が回ってしまう…

コブは慣れとの事なので,とりあえず残されたシーズンで勘をつかみたいなと思う。

|

2015年3月 2日 (月)

64日目 サンタ ブーツの具合は?

今朝,検定が終わったからか,いつに無く疲れを感じた。昨日まで相当気を張っていたのだなと今更ながらに実感。

結果も出てスッキリして,今日はゆっくりお休み…と言うわけにも行かず。娘と二人してブーツを新調したので,早く慣れなければとサンタへ。

今日は結構積もったのでバーンはモサモサ。滑りにくいけれども,ブーツの状態を確かめるのには打ってつけかな。風が強いからかグリーンリフトが止まっていて残念だったが。

娘のブーツは相当ヘタっていたらしく,昨日購入したフレックス80のブーツでも硬いと感じるようで,ビデオを撮って確認したけど,上下動がうまく出来ない感じの滑り。慣れれば元に戻ると思うのだけれど,ポジションが変わってしまうので,大会までに修正しなければ。

自分は今までもサロモンだったけど,最新のサロモンは別物。今季最初からこれを履いていたら…などと思ってしまうくらい。板のバタつきが無くなったのが驚きで,荷重しやすいブーツなんだなと思う。

何度かブラッキーリフトを往復して,感じは掴めたので8時前に終了。明日は休んで明後日の娘のジュニア強化レッスンに備える事にした。

サンタでは全くいつもの面々が居なかった。皆じっくりお休みしているのかな。娘にとってはこれからが追い込みなので,じっくりサポートして行こうかと思う。

|

2015年3月 1日 (日)

ブーツ新調!

今日は検定の結果も出て,娘のレッスン中,カムイで来季に向けてレッスンを受けていたのだけれど,娘のレッスンが終わって戻ってきたところと遭遇したら,娘の顔色が悪い。何か調子が悪いようだ。

色々と確認してみると,ブーツが当たって痛い上にホールド性が低下していてコントロールに支障を来しているらしい。

ブーツの問題については自分も悩んでいるので良く分かる。察するに,ブーツ特にインナーが寿命っぽい。今のブーツにして100回以上ゲレンデに出ているので,無理もないか。

と言うわけでスポーツショップへ。今時期は売れ残りしかないので期待できないのだが,ダメ元で。結果,今のレグザムのブーツより2ランク位落ちるフレックス80のブーツがジャストフィットしたので,フレックスの弱さは技術でカバーしてもらう事にして,それを購入。

ブーツは自分も悩みの種で,左右の足の大きさが1センチ違うと言う悲しい状況を感じさせないブーツを探していて,スキー学校でも評判の良かったサロモンのが,アウトレットでジャストサイズがあったので娘との合わせ技で値引きを引き出し,父娘で足元を新調した。

来年の支払いは少なくて済みそうだけれど,今季は何かと支出が多かった。ブーツくらいは誤差の範囲と言えると思う。

明日はこれでサンタで滑ってみようと思う。楽しみだ。

|

63日目 結果発表…×

パソコンに向かっている場合では無いと言うことで更新をずっとしていなかったけれども,一昨日,昨日とスキー準指導員実技検定があり,今日が発表の日だった。娘はカムイでスーパージュニア大会向けのレッスンがあるので,朝8時にカムイに送り届け発表のある比布町の会場へ。

結果は不合格。救いはB単位(理論)が86%取れていた(60%以上が合格)ので,来年は講習免除ということ。結果は散々だったが,これが自分の今の位置だと言うことは客観的に自分を見ると良く分かるので,結果には納得している。

やっていた事は同じなので,今日までのスキー三昧の日々の内訳をメモ。

2月23日 57日目 サンタ 養成講習の補習(旭川スキー連盟)
2月24日 58日目 サンタ 養成講習の補習(旭川スキー連盟)
2月25日 59日目 サンタ 養成講習(ラスト)
2月26日 60日目 ぴっぷ ぴっぷでの初ナイター練習
2月27日 61日目 ぴっぷ 実技検定1日目
2月28日 62日目 ぴっぷ 実技検定2日目

この1週間については,落ち着いてから日付を遡らず追想で残していきたいと思う。

発表後,家で着替えてからカムイスキー学校へ行って検定のお手伝いをしたのだけれども,校長先生など多くの方から,不合格を経験した方が良い指導者になれるからと,励ましとも慰めとも取れる言葉を頂戴した。自分も,もうすぐ半世紀生きた事になるわけで,その意味合いは良く分かる。

旭川スキー連盟の班分けでは,若い班。ちょっとシニアな班,複数受験者班。と分けられていて,若い班は全員合格でそれ以外は半分程度だった。アクセス解析を見ると,このブログに検索で引っかかった方も多いようなので,できれば時間に余裕のある時期に受験することをお勧めしたい。そうでない方は夏場から何かしらスキーに繋がるスポーツをして準備すること。自分も,来季に向けてダラダラと時間が過ぎないようにしたいと思う所。

結果は不合格だったけれども,養成講習の講師,ろくに仕事をしていないのに親切に教えて下さったカムイスキー学校。一緒に講習を受け切磋琢磨した仲間。その他諸々の関係者の方に感謝したい。特に娘については,今や自分よりも技術は上回っているのを互いに自覚した中でスキーヤーとして互いに成長できたので,本当にスキーをやっていて良かったし,体の動く限りは続けたいなと思う今日このごろだ。

|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »