« 2015年12月 | トップページ | 2021年10月 »

2016年1月

2016年1月10日 (日)

15回目 ぴっぷ 大会前日!

明日は技術選。昨年に続いてエントリーするも今季は練習不足の感が否めないので,前日練習。昨日までの疲れが溜まっていたのか,娘が起きたのが9時すぎ。ぴっぷに着いたのは10時半ごろだった。

一緒に滑ってみて,思いのほか,雪が柔いのが驚き。大回り,小回りと総合滑降のコース。かなり荒れていて攻めたら怪我しそうな感じ。明日の大会もローテーションによっては荒れたバーンも覚悟したほうが良いかも。

友達も来ていたので,午後2時過ぎまで滑って終了。自分は別行動で昨年の準指検定コースをメインに滑ってみた。昨季とは何か印象が違う。滑り慣れた…と言うわけでは無いのだろうけど,構えるような感覚は少なくなっているような。

全然練習できていないのは娘も自分も同じなのだが,棄権せずにチャレンジすると言う娘は偉いと思う。自分的には結果は見えているが,参加するのに意義があると言うことで,明日がんばろう。

|

2016年1月 9日 (土)

14回目 カムイ 学校で講習!

久しぶりにスキー学校へ。今日は学校での指導者向け講習があった。一般の方もいらっしゃる中で…と思いきや,一昨年,1級のシーズンコースを受けた先輩達(既に1級所持者)だったので気が楽。

内容はポジションチェックが中心。昨年よりはマシになったかなと思うが指摘事項は多々あり,進歩していないなぁと落ち込んでもいられないのだが。

今回の講習では,スタンス広めで,体を低くして色々やってみるのが分かりやすかった。スタンス広めだと上体がブレても重心がスキーから外れにくく,体を低くするのは上体のブレそのものを少なくする効果がある。結果として,悪いポジションになった時のスキーの動きの違いが良く分かる。

スタンスを狭くするのも,体を高くするのも,その方が楽なのでいつでもできる訳で,そういう制限をかけながら練習すると,普通に滑る時も変わってくる…と良いなと思った。

明日は比布で行われる技術選の前日なので,娘が前日練習したいと言い出した。カムイで練習しようかと思ったが,友達も練習に来ると言うことで比布に行く事にした。

帰宅したら,町内会関係の色々な留守電が…。色々と両立するのは大変だけれど,頑張らないとだな。

|

2016年1月 6日 (水)

13回目 サンタ 養成講習なり

正月も無事に過ぎて,今晩から準指受験者のための養成講習。初回はサンタプレゼントパークのナイター。班分けは昨年と異なり,全受験者を無作為に2班に分けた感じ。

内容は初回と言うことでポジションチェック。プルークやら直滑降やら。これで一日終わってしまうかなと思ったら雪のためかセンターリフトが運行中止。両脇の長いリフトで上り,多少普通に滑る機会があったのはラッキー。

今回の講習で面白いなと思ったのが,ジャンプをしながら大回りでのポジションチェック。切り替えでポジションが悪くなるのを自覚。ニュートラルに戻る具体的な感覚もつかみやすくて,自分にはわかりやすい練習だった。ある程度上達している人には良いかも。

今季の養成は10回。前年は14回だったので結構減っている。連盟の都合もあるのかもしれないが,その分,自主練習をしっかりしなければ。

|

2016年1月 4日 (月)

9~12回目 カムイスキーリンクス 練習練習

新年を迎えても,ずっとスキー場通いをするようになってから何年目だろう。一昨年までは単なる遊びだったが,昨年からスキー学校に加わったので,とりあえず今は練習するのが仕事だ。帰宅したらしたで色々と忙しく書き込むことができなかったので,まとめて。

9回目・元旦

一緒に準指を受ける方と一緒に練習。要所要所でビデオ撮影。後から見る。うーん,ダメダメだ…。何がダメって,スキーが動いていない。これまで8回スキー場に来ていて,色々な方に教わっていても身に着いていない。

10回目 1月2日

午前中は自主練。午後は空いたA先生に見てもらっての練習。娘が時々見てもらっていて,凄く信頼している先生だが,自分が見てもらうのは初めて。貴重な機会だったが得たものも大きかった。まずは基本に立ち返って,スキーが曲がる理屈と,それに必要な足腰の位置。左右変換のやり方。非常に単純で将来,指導する側になった時も”使える”情報。でも,教程や雑誌ではあまり見かけない。逆に,自分がいかに”余計なこと”をしていたかを体感した。

なぜ,プルークボーゲンが重要なのか良く分かった。

11回目 1月3日

今日は先生達の出席が多かったので,午前,午後と空いている先生でレッスン。ポジション確認で色々試す。オープンスタンスで,重心を低くして練習するのが自分には合っていると感じた。今回も一部ビデオ撮影をしていたが,元旦と違い参加者が多いので流して撮ってもらったのだが,自分の前が技術員で自分の滑りの悪さが良く分かった。このような機会は滅多にないので,自宅にビデオ持ち帰って研究!

12回目 1月4日

午前中はK先生から指導。昨年も同じ先生から,まる1日教わった。色々とやっていて混乱もあるのか,ストックワークがおかしくなっていて「これじゃ2級もあげられないぞ!」と叱られた。更に切り替えで抜重動作が出て外向が戻る。これは目線が悪い。ずっとフォールラインを見て落ち続ける意識を持つこと。

午後は空いている先生に自前のビデオに撮ってもらいながらの自主練。午前中に言われた事を色々と振り返りながら。でも種目をやってみようとして,シュテムターンでストックを全く使うことが出来なかったのにはビックリ。この程度は無意識にできるようにしておかないと。

色々やってみたけれど,徐々に悪くなっている。これがイワユル”もとに戻る”という現象なのか…。午前中に指摘された事。常に意識しなければ。

さっき膝の下をコタツにぶつけて滅茶苦茶痛かったので,どうしてだろうと考えてみたら,ブーツのタングが当たる所。右の方が余計に痛い。その理由を考えると…寝れなくなりそうだ…

|

« 2015年12月 | トップページ | 2021年10月 »