パソコン・インターネット

2022年8月 8日 (月)

大昔のBluetoothキーボード

10年以上前のBluetoothキーボードを再び使ってみた。エレコムの折りたたみ式で値段も安かったと思うのだけれど,今となっては覚えていない。

まず,キーボード側のスイッチをONにするが無反応。とりあえず電池を確認すると単4の電池が液漏れしている状態。電池も液漏れしていて,かなりやばい状態。電池を交換し接点を研磨して再試行。LEDが点いて動作開始したようだ。同時に,スマホ側にも反応があったのでペアリングを完了しておく。

色々と使ってみたが,入力デバイスとしては物理キーボードは自分にとってベスト。これまでもスマホのナントカ入力を試したことはあったが,王道はキーボードだ。正直,脳内に直結するようなデバイスが出て来ない限り,何だかんだ言って物理キーボードは廃れることはないと思う。

で,気がついたのがキーボードを振ったときに聞こえる「カシャカシャ」という音。内部で何かが外れている感じ。

以前,スマホの電池を交換したときのドライバーを引っ張りだし,キーボードを分解。特殊なネジに対応するドライバーがあるとこういう時助かる。

結果として,異音の正体は基盤から外れたネジで,機能には影響ないとは思うので今後も使ってみる事にした。とはいえ,今回の事で値段を調べてみたのだが,この,ボロキーボードさえ当時の価格の数倍になっていたのは驚いた。大事に使おう…

|

2022年8月 6日 (土)

PCが起動しなくなった…

先日からパソコンが起動しなくなってしまい,SSDがお亡くなりになったかとかなり焦ってしまった。具体的にはBIOSのチェック画面(通常は出ないが昔のパソコンっぽいので出すようにしていた)から再起動を繰り返す状態。

BIOSの起動はできる状態だったので,内容を確認してみるがメモリやSSDはしっかり認識されている。でも起動しない。そこで偶々BIOSの設定変更を記録するとしてEnterしたら起動した。これ,再現性があったので何となくBIOS関連の不具合かな…と。そこでBIOSの初期化を行ったら以後は普通に起動,再起動するようになった。

はて…なにが原因だったのだろうと思い返すに,最近環境を変えたのは外付けディスプレイを追加した事くらい。要はノートパソコンの一画面から二画面環境にした。接続はHDMI。

HDMI経由でBIOSをハッキングするなんて話は聞いたことが無いけれども,購入したディスプレイは米国で制裁食らっているメーカー製だからあり得るかなと思ってみたり,はたまたBIOSとの相性問題だったのか謎は深まるばかり。一昔前の自分ならHDMIの信号モニタでもしてみるところだが,とりあえずは,ここまで。

|

2015年7月12日 (日)

LIFEBOOK AH77/S を購入(3)

使い始めて約3か月。この機種にはマカフィーのウイルス対策ソフト体験版がインストールされていて,ここの所購入を呼び掛けるダイアログが出て煩わしかった。

マカフィーも悪くは無いと思うのだが,以前デスクトップの方で一年自動更新するタイプのを買い,クレジットカードから引き落とすようにしていたら,機種を手放した後も引き落とされていたのに気付いて,解約するのに実機が無いと滅茶苦茶面倒だったのがトラウマ。

そこでネット上の情報を参考に調べたら,キャノンの ESET が良さげだと分かり,家には何台ものパソコンがあるので,5台までインストールできて3年間のライセンスのものに決定。値段は5000円以下…安い。

届いてから早速入れてみたのだが,もともと速いパソコンだからか,特に軽くなった印象は無かったが,メニュー画面などシンプルな所が気に入った。ログイン時のスプラッシュ画面も消せたのはうれしい。

娘用の Lenovo のにも入れてみたのだが,その時点で”あと何台”的な表示が無かったので?と思う。メーカーサイトの説明を読む限り,どうやら一定期間内の同時接続数で判断しているようで,リカバリや機種変更でも同一コードでアクティベーションされているのが5台以内ならOKと言うことらしい。ネット接続が当たり前の世の中なので,こういう形態のライセンス管理はもっと普及しても良いのではないかな。

遅まきながらユーザー登録も行ってみた。これを行うと富士通の”My Cloud”と言うサービスのIDがもらえて,色々な特典がある。さらに特典豊富な有料コースもあるが自分としては使う機会が全くなさそうなので無料会員で。

”クラウド”と言う名称から,GoogleDrive や OneDrive のようなクラウドストレージを連想していた。その機能もあり無料会員は5GBまで。更にアップロードファイルサイズによってコースがあって,今の現状では有料で使うメリットは少ないかも。もっとも”国産”のサービスにこだわるなど,一定の需要はあるかもしれない。

この機能を使うと外出先からスマホ等でもファイルにアクセスできたりと,色々と便利な機能もあるけれど,今や当たり前だし…こういう機能使う方は,きっとプレミアムサポートで手取り足取り教えてもらえる事が嬉しいレベルの超初心者なのかな。

このパソコン。紙媒体の詳細な説明書は付属しない。昔なら辞典並みの物が付いてきたものだが,今はそれが当たり前。それが付かなくなったことで,色々な付加サービスが生まれているようで,皮肉なものだと思う今日この頃だ。

実際に入れたのは1月ほど前なのだけれども,当時を思い出してメモ。

|

2015年6月14日 (日)

Unityで遊んでみた

せっかくスペックの高いパソコンに変えたので,しばらくぶりにプログラミングでもしてみようかと言う気になり,巷で話題のゲーム開発統合環境”Unity"をインストールした。昨年購読していた”日経ソフトウェア”で,AndroidでARして遊べる記事があったので,それを見ながら。

とは言え,進歩の早いコンピュータ業界。記事のバージョンは既に相当に古く,参考程度にしながら各種プログラムをダウンロード&インストール。つまづいたのがAR機能のライブラリとして利用する Vuforia と言うサードパーティのライブラリ。

記事の通り入れて,簡単なサンプルを作ってビルド。スマホに転送して実行するとライセンスがどうのと,ものすごく小さい字で表示されて終了。プロパティを見ると”License”と言う項目があって,そこに何やら入れなければならないようだ。

そこでネットの情報を頼りに調べたら,ライセンス形態が変更になって逐次ライセンスチェックをしてから起動するようになっている。無料で使える学習用ライセンスも用意されているが,作るソフトウェア毎に発行されるようで,管理画面もちゃんとある。

また,ヘッダファイルも一部変更になっているようで,using Vuforia; する必要があるスクリプトがあった。

そこからコピペしてビルドしたら…動いた。けど何か変。更に,色々と手を加えて雑誌記事の最後らへんまで改造してみたが,どうも期待通りに動かない。途中で間違えたりして直しているうちに変になっている気がする。GUIでのオブジェクト配置や階層関係がうまく操作できず…慣れなんだろうが。

昨日の夜から初めてまだ1日も経たないので,こんな所かなと。ちなみに,この記事では開発言語に C# を使っている。実は C# は初体験。でも,C++ や Java はある程度できるので,ソースを読む分にはそんなに困らなかった。それよりも統合環境で知らない用語がいっぱい出てくるので,勉強してみようかな。

|

2015年5月21日 (木)

Lenovo G50 購入

これまで,娘には Lenovo の ideapad シリーズ,いわゆるNetbookを使わせていた。が,この度自分が高性能なパソコンに乗り換えて,「MMD動かしてみて」と言うことで試してみた。MMDとは MikuMikuDance の略称で3DのCGメーカー。もちろんフリー。特徴は素材などもフリーで沢山出回っていること。商用利用は制限されているがクリエーターの幅は広い。

とりあえず動かしてみたら,そこそこ見られる状態。本来なら強力なグラフィックカードが乗ったデスクトップが一番なのだが編集等なら耐えられるレベル。

娘のNetbookにも入らない訳では無いので試しに入れてみたら,全ての演算を切って無背景だとモデルの操作くらいは出来た。娘はそれでも楽しかったらしく遅いのを我慢しながら色々と遊んでいたのだが,見ている自分が逆にストレス。だからと言って,自分の部屋のパソコンを娘に使わせる訳にもいかない。使う時間帯がバッティングする。

そんな訳で娘を Netbook から卒業させようと思いたち,MMD中心ならデスクトップとも考えたのだが,置き場所が無い上に,他にも色々と使うのでノートで我慢する事にした。

予算的に Corei7 搭載機種は難しいので Corei5 に落とす。ディスプレイもフルHDでは無く普通の WXGA レベルだと,相当リーズナブルなお値段。中でも Lenovo G50 はCPUスペックが Corei5 搭載機種の中では高い方だったので,これに決めた。

MMD自体はマルチコア・スレッドに対応していないようで,届いた G50 で動かしてみても,自分のと殆ど変わらない。娘は画面も広くなり PIXIA 等のペイントソフトも使いやすくなって喜んでいる。本格的にやるのなら大画面のセカンドディスプレイも面白そうだが,娘にはまだ早いか。

まだ使い始めて数日なので,試行錯誤の状態だけれど,色々とセットアップでツマヅイた点があったので,後日メモでもしようかと思う。

|

2015年5月13日 (水)

LIFEBOOK AH77/S を購入(2)

購入してからしばらく使ってみての感想。とは言っても町内会の文書作成とHDカムに入っていた動画のバックアップくらいしか使っていない。

富士通の機種はこれが2度めで最初のFMVは様々なソフトがてんこ盛りでHDDの空きが圧迫されると言う本末転倒な時代だった。これに関しては,もともとHDDが広いのと最初からデスクトップを優先表示にしていたので意識していなかった。ところが,Windows8のタイル画面で,下に下がってアプリ一覧を見ると結構大変な事になっている。

年賀状作成ソフトなんてのも,ちゃんと入ってたんだと妙に関心してしまった。初期のデスクトップ表示だと富士通関連のショートカットが主でオフィスのショートカットすら無いシンプルなモノだったので,ちょっとビックリ。

全部試せるのはいつの事になるやら…

使用感は至って快適。高精細で小さい字でワークシートを広げても余裕。HD動画もストレスなく再生。タッチパネルも遊びで使う分には面白い。ただ,ディスプレイ部が外せないこの機種だとタッチパネルは必要ないかも。タブレット+キーボードと言う形だったら,それなりに使う機会もありそう。普通に使う分にはマウスの方が圧倒的に操作が楽。文書作成は言わずもがな。

その文書作成。最近 Bluetooth接続の外部キーボードが売れていると言う記事を見たことがあるが,このキーボードは本当に打ちづらい。慣れの問題かも知れないが昔ながらのキーボードが自分は打ちやすいと感じる。もっとも,デスクトップも含めて今の量販店にある機種は,この平らなキーボードがメインなので,これが当たり前になっていくのかな。

ストロークゼロのタブレットで文書をバリバリ打つスキルなんてのが逆に重要になるのかも。我が家のデスクは追加キーボードを置くスペースは無いから慣れるしか無いな…

|

2015年4月19日 (日)

LIFEBOOK AH77/S を購入(1)

実際には2週間ほど前になるが,やっと落ち着いて使う時間ができたのでメモ。これまでWindows XPノートパソコンに Ubuntu14.04 LTS を入れて使っていたのだが,町内会で役員を指名されて,引き継ぎで色々とデータを頂き,MS純正のオフィス&画面が広いノートパソコンが欲しいなと思ったのと,娘を小学生時代から撮り続けている AVCHDデータを編集するにもパワーが低すぎなので,そこそこパワーのあるのが欲しかった。

そこで,今月の初めに某電器店に行き,色々と物色してみたが BDXLドライブで CPU が Core  i7 なノートでは,コストパフォーマンス的に一番。価格もポイント還元を含めると実質税込み14万円台になると言うので即決した。

2015春モデルもあったのだが,価格がこなれていない上に Core i7 の 2コアモデルばかり。4コアモデルは店頭モデルとしては少なくなってきているそうで,需要が無くなっているのかも。今回決めたモデルも後継CPUは発表されているけれども,搭載機種はまだ無いとの事。今後はハイエンドモデルも 2コアが主流になるのでは無いかとは店員さんの予想。

奥から持ってきたパッケージが小さくて,娘ビックリ。仮にも6桁の商品なのに…今のパソコンは余分な物が一切付いていないのだなと実感。帰宅して開梱したが簡単なマニュアルが1冊とペーパーが数枚だけ。至ってシンプルだった。パソコン相談業者が増えるわけだ。

その日はアカウントの設定をして,この休日まで放置に近かった。逆にこれまで使っていたノートを実験台に Ubuntu → Xubuntu に移行したのは既に書いたとおり。

放置だったのはワークスペースを確保できなかったのが大きい。町内会の役員として,色々書類を作ったり書いたりと,今までコタツでやっていたような訳には行かない。この家に越してきて,あまりプログラミングとかをしなくなってから,デスクは物置にしまいっぱなしだった。

それを今回引っ張り出して,引き継いだ書類を並べプリンタも置いて…やっと自分の城ができた。久しぶりにプログラミングでもしてみようっかな…と思うが,画面が細かいのは目が疲れるなぁ…という訳で,この記事も Xubuntu ノートで書いている。本末転倒だ…

|

2015年4月15日 (水)

XPノートもXubuntuへ

WindowsXPのサポートが切れるタイミングで Ubuntu に乗り換えた娘が保育所に入った頃に導入した VersaPro。これまではいい感じで使っていたのだけれど,ここの所体感速度が遅くなってきたのと,アップデートの表示が出るにも関わらず何も無いと言われるのが頻発してきたので,どうせ再インストールするならデスクトップで軽さが際立っていた Xubuntu で行こうと決定。

こういう時,データのバックアップやらで,てんてこ舞いになるのが当たり前なんだが,元々,閲覧用と割り切っていて,必要なファイルは DropBox 等のクラウドに置いていたので心置きなく置き換えインストールだ。良い時代になったもんだ…

で,Xubuntu に移行して困った事は,娘が愛用しているペンタブを認識しなかった事だったのだが,ネットの情報を参考に作業したら,アプリのレベルでは普通に認識してくれた。設定パネルに出てこないのが Ubuntu との違いだが,実用上問題ないかな。

デスクトップの時も実感したが,Xubuntu は軽い。基本は Ubuntu なのだからか,起動するまでの時間は,そんなに変わらないのだが操作している時の軽快さで体感できる。メモリが1Gしかないノートなので尚更なのかもしれないが。

何かあったら戻せるようにHDDのイメージを取ってあったけれど,必要なかったかな。転ばぬ先の杖という意味では,娘にもバックアップの大事さが伝わったら良いのだが。実際,ソフト屋の仕事をしていた時,フロッピーディスク主流で業務終了時に2セットコピーを取っていて助かった経験があったので,今回もNAS等に退避してから行ったのだが。

残るはプリンタの設定。これは以前もやっているので,暇なときにでも。

|

2014年9月22日 (月)

パスワードの強制変更は効果あり?

少し前からパスワードを定期的に変更する事で,かえって脆弱性が増すと言う議論が活発?なようだ。パスワードの変更を定期的,もしくは強制することで,かえって混乱を招き,人によっては脆弱なパスワードを設定してしまい,かえって逆効果とか。

私の職場も定期的にパスワードを変更することをユーザに強制している。いわゆるプライバシーポリシーと言うヤツで謳っているから仕方がないのかもしれないが,一考の余地はあると思う。英数字+記号で,大文字小文字を混在させて…となると,どうしても職場内で共通認識されている言葉をベースにする事にならないか。と言うのは一人一台とは言うものの,現在の所,1台のパソコンには1ユーザしか登録されておらず,同僚が使うことを想定すると,それが一番簡単だから。

個人的には,シンクライアント形式で,どのパソコンからでも自分のパスワードで入れるようにするか,認証サーバを立てて同様の事を実現すればいいのに…と思うが,如何せん費用が掛かるから難しいのだろう。

それが無理なら,無理にパスワードを変更させる事をせず,最初に無作為かつ強固なパスワードを強制的に割り当てて,必要が無ければ変更しないと言うのが管理上安全なのではないだろうか。人事異動で出た人間がそのパスワードを知っていて悪用する可能性があると言う意見も見たが,それは別問題だと思う。

今日,たまたまネットを眺めていて,ちょっと思ったのでメモ。

|

2014年9月10日 (水)

アクセスログに ipv4 プライベートアドレス!

アクセス解析で,詳細と言うか足あとを見ていてビックリ。今までスルーしてたのが不思議なくらいなのだが,192.168....で始まるクラスCプライベートアドレスがある。当然ながら,nslookup もできない謎の訪問者…

我が家の家庭内 LAN もクラスCプライベートアドレスで組んでいるが,それとは別のネットワークなので,家庭内の何かの機器がかってにブログを読んでいるとか,一時はそんな事も頭をよぎったがないない。

さて,どんな時にこういう状態になるのか。想像に過ぎないが,IPV6のみでプロバイダと繋がっているような組織からのアクセスだと,IPV4グローバルアドレスが,そもそも存在しないので,組織内でのアドレスが乗っかってしまう(カプセル化と言うんだっけ?)のだろう。

ちなみに,現在自分は IPV6 アクセスなのだけれど,確認してみると IPV4 のグローバルアドレスも持って外部アクセスしている。このブログを見ても,それと分かる。

ちょっと思ったのだが,IPV6 だけで外部としか繋がれないとすると,IPV4 のみのサイトを見る事って出来るのだろうか。通常のルータは中継しないのがルールだから見られないと思う。大手のプロバイダは大体対応が終わっているけど,小さな組織の自前サーバはどうなっているのか。考えたことが無かったけども,IPV6化はどのくらい進んでいるのかな…

なんてことをログを見ながら思ってしまった。ちなみに複数。ブラウザなども違うので別の方だと思うが,これからもっと増えていくのかな?

|

より以前の記事一覧