ペット

2011年12月27日 (火)

flow五ヶ月

我が家にやってきた新顔の flow が先日産まれて5ヶ月となった。サナは元野良だったから生年月日が不明だったけれど,生年月日が分かるとお祝いもできるから,ちょっとうれしい。

Flow20111225

大きさとしては小さい猫の成猫くらいになっているので,子猫と言う風情ではないのだけれども,立ち居振る舞いを見ていると,何とも幼いのが面白い。

メインクーンの特徴の一つと言われている水と戯れる性格。サナもそういう所があってお風呂場に入り浸るような猫だったが,flow は水のボウルをひっくり返すくらいに水遊びが好きで大変な状態。

サナの場合は下の画像のような水が循環する滝のようなものが大好きで,壊れるまではずっとそこが水飲み場の定位置だった。flow にも,そんな場所を作ってあげたら喜ぶだろうか。

10210027

ちなみに,この場所はペチカの上。床からは150センチくらいの高さなのだが,サナはモノともせずにジャンプして駆け上がっていた。今のところ,flow はそこまでは無理みたいだ。

サナの匂いが残る我が家だけれど,flow は全く気にする素振りも見せず,サナの定位置だった自分の枕元でずっと寝ているし,コタツの中でもくつろいでいて,縄張り意識の強い雄猫とは思えない感じ。

娘にはピンと来ないようだ。以前,実家の室内で犬を飼っていた時に,一緒に猫を飼おうとしたけど,猫側の拒否反応が強くて断念した事が何度もあるだけに,自分としては奇跡に近い気がしている。

娘の抱き方はまだ不安定なんだけど,大人しく抱かれていたり,肉球を触っても尻尾を握っても意に介さないのは,サナと全く一緒。

比べているわけではないけど,やっぱりサナが導いてくれたのかなぁ,と言う思いを強く持つ親子なのだった。

|

2011年12月 5日 (月)

Flow

Jibephoto_1323075952169

やっと猫の写真を撮ることができた。スマフォのカメラだと猫の動きに全然ついていけなくて,ストーブの前でグルーミングしているところを収めたもの。もっと反応速度の早いデジカメが欲しいと,また物欲が…。でもこの子で年末は赤なので我慢我慢。

名前は娘が付けた。”Flow”と言う。カタカナでは”フロー”。

娘が気に入っているPS3のダウンロードゲームのタイトルから取ったらしいが,意味する所の”流れ”みたいなニュアンスも分かって付けたみたいだ。

男の子だから,語感から言うと”浮浪”みたいだけれど,”不老”と長生きを意味していると解釈して,OKしたところ。

昨晩は,来たばかりなのに自分の枕元に甘えてきた。亡くなったサナの定位置だった所で,まだ匂いも残っていると思うのだけれど,知ってか知らずか同じようにスリスリしてきて,ちょっと感動。

サナも初日から甘えてきたのをよく覚えている。初日から同じように家族になれると確信した晩だった。今晩はどうかなぁ…

|

2011年12月 4日 (日)

男の子が増えた!

今日,猫ちゃんがやってきた。男の子。

まさに『借りてきた猫』状態で我が家にはなかなか馴染めない様子。でも,動きが俊敏で狭い所に潜りこもうとする所。サナが家に来た頃を思い出す。

写真を撮りたいけど,なかなかじっとしていないから難しい…もうちょっと落ち着いたら,お披露目できるかな。

娘は体調崩して風邪気味なんだけれど,頑張ってお世話をするそうだ。まぁ犬と違って散歩はいらないから世話と言ってもそんなにないのだけれども。

自分としては男の子が増えたのが嬉しいけど,数カ月後には去勢する予定。本人のためとは言え,なんだか可哀想な気がする…

まだまだ慣れていないけど,ゆっくり家族になっていこう。

|

2011年12月 3日 (土)

猫の初七日と新しい出会いと

今日,先日亡くなった猫のサナの初七日。

大好きだったソファーと名前の入った専用のベッドを置いて供養していたのだけれど,場所を変えて茶の間全体が見渡せる所に移動。

今週は本当にキツかった。

自分は喘息が久しぶりに出ちゃうし,娘もなんだか不安定。

やっぱり寂しいと言うか,サナは猫のナリをしているけれど,今まで一緒に暮らした事のある犬並に人付き合いが好きで,人間が甘えても受け止めてくれる家族だったから,今で言う所のセラピーペットのようなものだった。

娘の暗黙の希望と言うか,自分もなんだが猫または犬(娘は鳥でもハムスターでもいいとか)が居て欲しいと思い,今日,初七日も過ぎたからと色々と巡っていたら衝撃的な出会いがあった。

亡くなった猫と良く似た風貌だけれど,男の子で毛色も全然違う。でも抱かせてもらったら自分の鼻先をペロリと舐めてくれて…撃沈してしまった。まだ猫を抱き慣れていない娘にも大人しく抱かれている。サナを想い起こさせるようなクローンは欲しくなかったけど,性格的にはサナのような大らかさが必須で,まさにツボを押された感じ。

サナは迷い猫で種類は不明だったけど,長毛種で容貌と性格から”メインクーン”の血が入っていると思っていた。今回出会った猫ちゃんは”メインクーン”で,やっぱりサナもメインクーンだったのかな?なんて思った。

15年振りに子猫を迎えるので,娘にも子猫は成猫よりずっと育てるのが大変だよと話していて,今は準備の真っ最中。

この出会い。サナが導いてくれたのかな。ありがとう。

|

2011年11月27日 (日)

猫が逝ってしまった

ここのところ具合の悪かった猫,先ほど自分と娘が見守る中,息を引き取りました。

2011年11月27日午前9時13分

安らかに眠ってね。ありがとう。

|

2011年11月22日 (火)

お医者さんにも…

ここ数週間,食が細くなってしまった我が家の猫。

先週末くらいから呼吸がおかしくなってきて,昨日と今日は昼間病院で預かってもらい色々と治療を試みてもらったが…状況は改善していない。

今日,猫を引き取りに行った時,遠まわしだけれど,これ以上の治療は費用対効果が望めない旨を告げられた。

自分の親が告知を受けた時よりも,正直,落ち込む。自分の分身のようなものだから,かもしれないが…

部屋を暖かくして,いっぱい可愛がってあげよう。

|

2011年11月16日 (水)

猫,便秘する

先週からご飯が細って元気も無くなってしまった我が家のネコ。

今日,動物病院に連れていって検査してみたら便秘していて,第一にはそれが原因ではないかとの事。その場で浣腸して便もかなり硬いのが出た。処置されている間は久々に聞く威嚇する声。まだあれだけの鳴き声が出せるのだから元気あるのかな。とちょっと安心。

でも,帰宅したらかなり元気がない。さらに便が出て,家を何箇所か汚してしまった。その後,落ち着いたかなと思ったら,ちょっと吐いた。獣医師さんには言われていたので,驚きはしなかったものの,ネコにとっては相当堪えたようだ。老猫だけに,ちゃんと快復するか心配になってきた。

水も飲まないので,心配になって指先に自分の唾をつけて舐めさせたら,おもむろに身を起こして水を飲みに行ったのには,何だか嬉しかった。こういうスキンシップで飼い主の気持ちが伝わる事もあるんだな…と。

人間だったら自力で食べられなくなった場合,経管栄養とか,色々と方法はあるのだろうけど,ネコの場合はそうも行かないからご飯を工夫して,何とか食べて腸の運動を回復させると言うことで,試供品の医療用ペットフードを沢山渡された。

今日は治療の直後なので休ませて,明日から食事療法で様子を見ることになっている。血液検査の結果や身体の状態は,病気と言うほどのことでは無いそうなので,本当の病気にならないように,愛情を注がなければと,娘と話し合っているところ。

娘も物心ついて,半分思春期に入った所で,姉妹同然に育ってきた家族が突然こんな事になって,当初は動揺を隠せなかったが,今日はしっかりと自分からケアしてあげようとしていて頼もしかった。

普段は空気のようなネコなんだけれど,やっぱ大切な家族なんだ。

|

2011年11月11日 (金)

調子悪そう…

ここ数日,ネコの体調が悪そう…

食欲も落ちているし,時々セキの発作のような仕草。初めてではなく,過去にも何度かあったことなんだけれど,老猫だけに心配。

帰宅した時,”にゃーん”と出迎えてくれていたのに,コタツの中に入ったまま出てこない。

お腹の腫瘍を取って,一度は元気になったと思ったのに。

もっとも,自分も蓄膿の手術をした後,調子が良いなと思ったら突然ぶり返して1週間休んだので,そういう状況なのかなと思ったり。(知人には入院していれば,ぶり返す事は無かったんじゃないかと言われたりしたけど,入院は今の環境じゃ無理…)

明日,病院に連れて行ってみようかな…

|